<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジュニア科学塾 第3回講座

ジュニア科学塾 第3回講座

講座名:「ニュートリノ振動と振り子」
日程:2013(平成25)年10月20日(日) 9:00〜13:00
場所:教育学研究科1階 物理実験室
講師:広島大学大学院教育学研究科教授  前原俊信先生
      〃        准教授  梅田貴士先生
参加受講生:15名(中3;4名, 中2;4名, 中1;7名)
内容:
 第1部  ガイダンス
      素粒子論入門 〜ニュートリノとは?〜
        ニュートリノ振動と振り子の関係
 第2部  振り子について
        単振り子実験
        15連振り子実験
 第3部  固有振動と共振
        念力振り子実験
 第4部  ニュートリノ振動と連成振り子
        連成振り子実験
 まとめ

受講生は,「振動するものには全て別の固有振動数があり,そのタイミングで振動を加えていくと振幅がどんどん増大していく。」「振り子だけでなく,ニュートリノにも周期があることが分かった。」「ニュートリノ振動とは,ニュートリノの世代間に質量差があると振動するので連成振り子と似ている。」などとまとめていました。

学習後の質問紙で,「ニュートリノ振動現象について理解ができましたか。」に肯定的に回答した受講生は13名でした。「新しく分かるようになったことやできるようになったことはありましたか。」に肯定的に回答した受講生は14名でした。「今回の講座は,満足できましたか。」に肯定的に回答した受講生は全員でした。


a0281767_1602776.jpga0281767_160365.jpga0281767_1604838.jpga0281767_1605762.jpg
[PR]
by wakupuro | 2013-12-27 16:02 | ジュニア科学塾

サイエンスレクチャー広島2013

サイエンスレクチャー広島2013

日  時:11月10日(日)13:30~15:30
タイトル:「太陽系から宇宙の果てまで」
講  師:広島大学宇宙科学センター 植村誠准教授
参  加:45名(小・中学生29名,大学生・大人16名) 

太陽系と彗星について,恒星の世界について,宇宙全体・宇宙の成り立ちについての
20以上の質問の回答も織り交ぜながら話をされました。
質問の一部を紹介します。
Q:彗星や流れ星について詳しくしりたいです。
Q:彗星の大きさは尾の分だけ減っていくのか。あるいは変わらないのか。
Q:宇宙エレベータはできますか? できそうなら仕組みを教えて下さい。
Q:ブラックホール同士が衝突するとどうなりますか?
Q:宇宙の成分は?

植村先生は,まとめで次のようなことを話されました。
○宇宙には階層構造があります。
 (惑星の世界,恒星の世界,銀河の世界)
○階層ごとに異なる宇宙が見えます。
 それぞれの階層で面白い天体現象が見られます。
○アイソン彗星を楽しみにしましょう。

講座後のアンケートの回答(13項目から3つ選択)では,どの項目も選択されたうえ,12項目が5人以上と,反応は幅広かったです(36名から回答)。
11人以上が選択したのは,次の4つでした。
○銀河のことがよく分かった。(11名)
○星や宇宙についてくわしく勉強したくなった。(11名)
○彗星を自分で観察してみたくなった。(15名)
○これまで疑問だったことが分かった。(11名)
なお,自由記載の欄にありましたものを1つ紹介します。
「自分の質問に対する答えが分かる,という貴重な体験でした。」


a0281767_14541249.jpg
a0281767_14542218.jpg

[PR]
by wakupuro | 2013-12-27 14:55 | サイエンスレクチャー