<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サイエンスレクチャー広島

7月31日(日)広島大学東千田キャンパスにおいて,サイエンスレクチャー広島が開催されました。
広島大学宇宙科学センター長 吉田道利教授を講師にお招きして,『活動的な宇宙の姿を探る〜超新星爆発からブラックホールまで〜』をテーマに約2時間の講座を行いました。
小中学生を中心に一般参加の方や,保護者を含めると100名を超える参加を頂き,盛況のうちに終えることができました。
a0281767_1623649.jpg

講座では,はじめに恒星の誕生から消滅までのメカニズムや,これらの現象の観測方法についての解説をして頂きました。その後,天体観測に重要な要素である光のスペクトルについての解説とともに,参加者全員にスペクトルを観察するための簡易分光器を作成してもらいました。このタイプの分光器は私も初めてだったのですが,非常に簡単でものの5分もあれば組み立てられる優れものでした。
a0281767_16232571.jpg

そして,この分光器を使って様々な光源(スペクトル管)の観察して,光源によって特徴的なスペクトルが観察できることを体験してもらいました。
分光器制作も含めて約1時間のスペクトル観察の後に,まとめの講演を行い質疑応答に移ったのですが,今回はたくさんの質問が次々に出てきて,終わりが見えなくなってきました。やむを得ず一旦レクチャーを終了させてもらい,質問がある人に残って頂きました。
質問のある参加者の列は,公演後30分以上も続く盛況ぶりで,長時間の講演の後にもかかわらず,吉田先生は一人ひとりに対して丁寧に質問に答えられていました。

吉田先生,すばらしい講演をありがとうございました。また,大変お疲れ様でした。
参加者の皆さん,ありがとうございました。来年も新しいテーマで開催しますので,引き続きよろしくお願いします。
[PR]
by wakupuro | 2011-07-31 16:23 | サイエンスレクチャー

科学塾研究室 天文学講座

a0281767_16181758.jpg天文高校生集まれの前日,7月9日に今年度の天文学講座がありました。この日がすでに3回目だったと思います。今年度は附属福山高校2年生のMさん1名の参加で,原始星であるT Tau型星を対象に可視と近赤外線の測光+偏光から,原始惑星系円盤の内縁付近の物質を探ることをテーマに研究をすすめています。毎年天文は複数の参加でしたが,今年はたった一人でご覧の通り,マンツーマンでの指導を受けています。講師は,今年も宇宙科学センターの川端弘治准教授です。
夏休みにはいったら,東広島天文台かなた望遠鏡を使っての観測を泊まりがけで行う予定です。
[PR]
by wakupuro | 2011-07-22 16:17

天文高校生集まれ!!

7月10日(日)大阪教育大学天王寺キャンパスにて,近畿地区高校生天文活動発表会実行委員会主催による「天文高校生集まれ!!」に,昨年度の科学塾研究室天文学講座の修了生であるAICJ高校2年生のY君が研究発表に行ってきました。
この会は,震災の影響で日本天文学会春季年会のジュニアセッションが中止されたことで,高校生の天文研究の発表の機会が無くなってしまったことがきっかけとなって,近畿地区の大学や高校,西はりま天文台の先生方が実行委員会を立ち上げ,企画されたものです。初めての会でありましたが,2府4県13校,43名の高校生が参加して行われました。
a0281767_161628100.jpg

Y君はジュニア科学塾からずっと,わくプロの活動に参加している生徒で,今年度も素粒子物理学講座で活動してます。今回の発表は「複数の散開星団の色・等級図と年齢測定」で,これは,昨年度,国泰寺高校現3年生のS君との共同で行った研究で,昨年度の理学部主催の第13回中学・高校生科学シンポジウムでも発表したものです。発表したY君,前回は非常に緊張していましたが,今回はかなり落ち着いた様子で,原稿なしにほぼアドリブで発表していました。

詳しい会の様子は こちら  をご覧下さい。

ひとつ残念なのは,今回も(今年度,昨年度の生物系三学会中四国大会)広島県からは,わくプロからの参加のみで,相変わらず少し寂しいものを感じてしまいます。
[PR]
by wakupuro | 2011-07-10 16:11